読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くだらない人生だったと思うなら今からやり直せば?

バツイチ貴族を騙る男が赤裸々に自らの弱み曝け出して筆を執る。

モテるバツイチ貴族がお金をかけるべき3つのコト








【スポンサードリンク】

こんにちわ、バツイチ貴族を騙る"うぉるちん"です。

バツイチ貴族は正直モテます。だけど、自分を磨かないとただの冴えない中年。

お金を使うべきところに使って、第二の独身ライフを満喫しよう!

 

 

 

ヘアカット

服も靴も時計だってもちろん重要なポイントですが、ファッションに関してだと「髪型」が一番重要なんです。

 

奇抜な髪型や、若作りした髪型にしろと言ってるわけではありません。

最低限「整えている感」が出ているコトが重要で、さらに年相応であることが望ましい。

そこに気を配るだけで、バツイチが武器になってきます。

ダマされたと思ってやってみな!!

 

ということで、まずは自分の住んでるエリアで一番評判のいい美容室をリサーチしましょう。

慣れていないと最初は入りにくいかもしれませんが、勇気を出して一回行けばしめたもんです。

 

そして、雑誌の切り抜きを持っていくのは無粋です、やめましょう。

自分が似合うと思う髪型を変えてみるのも一興です。

むしろ、意外と自分じゃない人の方が自分の良さを発見してくれることが多いので、思いきってお任せしちゃいましょう!

 

男性はすぐに髪が伸びてだらしなくなってしまうので、できれば2ヶ月に一度は行きましょうね。

信頼できる美容師さんが見つかれば最高な気分になれますよ。

 

 

いつまでも発泡酒とかチューハイとか安い焼酎ばっかり飲んでるなんて絶対ダメ。

そんなんじゃいつまでたっても安い男から抜け出すことはできません。

 

高い酒飲んでも味なんてわからない?

まぁ最初はそうでしょうね。全然問題ないと思いますよ。味がわかってくるのはもっと飲みなれて、のめり込んでからですからね。

 

BARで静かに飲むのが一番いいんです。

バーテンダーとしゃれた会話をしながらカクテルを選んであげる。

(これは文にすると稚拙ですね〜今の僕の文章じゃ伝わりにくいから今度別の記事でリベンジしなければ)

 

BARの敷居が高ければ、家デートでワインもおすすめです。

今は3,000円くらいでおいしいワインが飲めますからね。

最初は適当でいいと思いますよ。

 

 

プレゼント

バツイチさんだけではなく、独身男子のみなさんにもあえて聞きます。

あなたは花屋で花束を買えますか?

女性服のショップで服を一人で買いに行けますか?

 

僕はどっちもできます。むしろそれがすごく喜ばれることを知っている。

 

一回目の独身の時はできなかったんですよ。そんなのカッコ悪いと思っていた。変なプライドもあったし、絶対に無理だと思ってました。

 

でもバツイチ貴族を騙り出してからはむしろ進んでやります。

 

コツは、最初は委ねること。そして店員さんとの会話を楽しみながら、一緒に決めていくこと。

 

最初は恥ずかしいと思うんですよ。店に入ることすら心臓ばくばく。

 

だから、

店に入る→まっすぐ店員さんの元へ→恋人にプレゼントを買っていきたいんだけど一緒に考えてもらえますか?→10,000円くらいでいいんだけど…

 

こんな感じ。あとは店員さんとおしゃべりしながら決めていく。

 

これ、まじで店員さんのウケもいいですよ。

少しぐらい緊張しておかしな感じになっても、それすらも評価してくれます。

あぁ、この人は勇気出して彼女さんにプレゼント買いに来たんだな〜って。

 

慣れてきたら慣れてきたで、洗練された大人だな〜って。

 

ぜひお勧めします。本当にやらない理由なんてない。

 

 

 

まとめ

どうでしたか??

お金をかけるべきといいながらも、実はそんなに高いものは選んでいません。

 

これなら年収300万円だってできちゃいますよね。

独身の若い男子ができないことこそ、バツイチ貴族はやるべきなんですね。

 

このコーナーは定期的に書いていきたいですね。

それでは!!

 

広告を非表示にする
【スポンサーリンク】