読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くだらない人生だったと思うなら今からやり直せば?

バツイチ貴族を騙る男が赤裸々に自らの弱み曝け出して筆を執る。

離婚して良かったと思う3つのコト(前向きにね)








【スポンサードリンク】

バツイチ貴族っていいですよ。

毎日悶々と鬱々としているくらいだったら、早くコッチおいでよ。

 

 

 

"時間"という宝物を手にした

僕はいつも言っていますね。時間は宝物。大事。重要。大好き。

 

そもそも、結婚していて子供がいる状態だと、「考える」というコトが奪われていくように思います

 

もっと正確に言うと、「考える時間」が無くなることによって、どうでもよくなっちゃうのかな。

 

寝ても覚めても周りには家族がいるわけですから、僕には難しかった。

 

僕が転職したかった悩みも、家計が破綻しそうだった深刻な問題も、親の介護の問題も。

全てが流されるまま有耶無耶になっていく。

 

そういうの耐えられなかったな。

僕は考えて考えて考え抜くタイプですからね。

「思考の渦に身を委ねる」という表現をしていますが。

 

なんにせよ、自分にとって大事なことを考えて行動できる今の状態が本当に大切なんですね。

 

 

 

本当の意味で"一人の男"として独立できた

僕は末っ子長男で、社会を舐めきった人生を送ってきたような気がします。(今振り返ればだけどね)

 

親との問題はあったにせよ、努力しなくても何事も平均点以上を取れてしまうタイプ。

そんな感じだから、受験も就職も努力なんてしたことがなくて、流れるままに身を委ねて生きていた。

 

そして気が付いたら25歳で結婚して27歳で息子が生まれて、定職もあり家を買う予定もでき…

はたから見たら順風満帆に見えたことだろう。

 

でも、外からは見えない問題が多すぎたよ。(今後語る機会があると思います)

 

僕は社会を舐めきっていたので、尊大で無駄なプライドばっかで、でも家事とか何もできなくて、今思えば最悪なコトこの上なかったな。

 

 

でも、今はこうして起業してるし、新たな事業も考えまくってるし、炊事洗濯料理しっかりやってるし、お酒もカッコよく嗜んでいるし、まだ禿げてないし、彼女もいるし。

 

人生で初めて努力した結果が実ってきていると実感しているんだよ。

31歳。まだ遅くない。

がんがん活動して、40歳で海外で仕事して、50歳でリタイアして、60歳で死ぬ。

努力が実ることを知った男に不可能なんて無い!

 

 

息子がかわいいと思えるようになった

これはすごくシリアスなお話。

こんな僕だから、結婚しているときは息子がかわいいと思えなかった。

正直邪魔だった。ペット的にかわいいと思うことはあったけど。

 

ホント最悪でしょ?ご覧になってる皆さんの不快指数が上がっていくのも阻止できない。

 

でもね。

今はかわいいと思えるし、すごく成長が楽しみ。

仮面ライダーの絵を描いて、「あけましておめでとう」って自分で書いて年賀状をくれたんですよ。

 

4歳児ってすごいよな。自分が子供のとき、こんなに字とか書けたかな?

おもちゃやプレゼントの催促でもいい。頼ってもらえるとそれだけで嬉しい。

 

離れてこそうまくいくケースがここにあるんだよ。

社会の常識に囚われた外野たちに文句言われる筋合いはないんだ。

 

 

つらいことの方が多いけどね

でも、自分が前向きに頑張っている以上、良いことだって見つかる。

自分が気づいていなかっただけで、ちゃんとそこにあるんですよ。

 

今はその余裕が出てきたってこと。

 

離婚したばっかりでドン底気分の後輩たちよ!

(3組に1組が離婚する社会だから、めちゃくちゃ後輩たち多そう…)

 

ダメダメ中年になるか、輝く渋メンになるかは、自分次第だよ。

広告を非表示にする
【スポンサーリンク】